独身中年男性向け異次元ライフスタイルマガジン

メスの発想は売春婦

不愉快なタイトルかもしれないが事実である。
サクッと言うと、ヤリたいのなら金を出せということだ。
ということは、我々は買春夫である。

若い時は無料でマウントポジションを取れたこともあっただろう。
現在は中年のオッサンであり、無料クーポンはとっくに消滅している。
我々中年は金を出すしかないのである。

しかし、金を出せばいいという話ではない。
これはトレードであり、叩けるメスに金を出す必要はないし、
価値以上の金を出す必要はない。

メスの言い値でトレードしてはいけない

メスは以下の3つの部分に価値がつけられており、それらの価値によってメスの相場が決まる。

  • スタイル
  • 年齢

これらの3つである。
20代の美人でスタイルが良いメスは、一般的に高い価値があるとされる。
しかし、顔やスタイルにそれほどの価値があるだろうか。

そうだよね、女は顔じゃないよね。
やっぱり、性格だよね?

いや、価値があるのは、
メス穴、おっぱい、ケツの3点セットである。

性格なんて、一番どうでもよい。

まやかしの価値に金を出してはいけない

顔の良いメスは、自分に価値があると思い込んでいる。
スタイルの良いメスも同じである。
オッサンがこういうメスを鳥貴族に連れて行くと、
ありえない!と怒られてゲームオーバーとなる。

ではクソ高いフレンチに連れて行けばよいのか。
メシだけ食われて終わりである。
この手のメスは、我々サラリーマン中年にとっては地雷。
手を出すべきではない。

我々にとって価値があるのは、メス穴、おっぱい、ケツの3点セットである。
顔やスタイルが良いからといって、メス穴も良いとは限らない。
顔やスタイルに意味はない。

年齢には価値がある

若いからといってメス穴が良いとは限らない。
しかし、なすの古漬けのようなおっぱいや垂れたケツに魅力は感じないだろう。
メス穴、おっぱい、ケツの3点セットで考えると、やはり若い方が良い。
いくらスタイルが良くても、脱がした後で重力の偉大さを知ることになる。

我々が狙うべきは若いブス

ここまで書くと消去法でお分かりだろう。
我々しょぼい中年サラリーマンは、若いブスにターゲットを絞るべきだ。
ベストは非正規で金がない若いブスである。

ちなみに私の彼女は、更にデブがアドオン。

ブスに金を出すのか?
そんな風に思ってはいけない。
確率が高く、リーズナブルで、利益のあるトレードをするべきである。

そんなうまい具合に若いブスと知り合わない?
それなら風俗で済ます方がよい。
私の住む地方では、1万ちょっとで本番OKである。
まやかしの価値に金を使うより数倍マシ。

若いオスに相手にされないブスは、少し金を使って優しくしてやればOK。
本心でなくても、たくさん褒めてあげよう。
ほとんど褒められることがないので喜ぶだろう。